ウーマン

綺麗な格好を楽しむ大人女子│変わったデザインを使う

歩きやすいパンプス

女の人

仕事をしている人ならば、必ず一足は持っているといっても過言ではない、パンプスですが選び方を間違うと足の痛みの原因になります。パンプスが大き過ぎると靴の中で足がずれて自然と親指に力が入りますが、これは続くと親指の形が変形してしまう原因になるのです。また、足幅に合っていない物を履くことで外反母趾になる事もあるのです。親指の形が曲がったり、外反母趾になってしまうとパンプスだけではなく様々な靴を履くことができなくなるので、選び方には注意しましょう。

パンプスを選ぶ際に気を付けるポイントは、踵がパンプスにフィットしていて足と靴の一体感が実感できるかどうか確認しましょう。足と靴に一体感が生まれれば親指に力を入れることもなくなるので、足の負担を減らす事ができます。そして、ヒールの形にも気を付ける必要があります。細いヒールだと、歩きにくくなりバランスを取ろうと無駄な力が入るので、ヒールは太めの方が良いでしょう。低いヒールで細い場合は問題はありませんが、高いヒールを履くならば太めの物を選んだ方が歩きやすくは履きやすいでしょう。その他にも、パンプスの硬さはしっかりしているかどうかも確認する必要があります。手で持って横にねじれるような柔らかさがある場合は、転ぶ原因にもなるので選ぶならば側面は然りと硬く、前側の三分の一程度の部分が曲がる物を選ぶと転びにくく歩きやすいです。
最近のパンプスは、とても機能性の高い物が増えているので様々なシーンで履くことができます。子供が居る母親の場合動きにくいパンプスを避ける人が多く居ましたが、走っても支障がなく、走りやすいパンプスも誕生しているので、上記のような注意点に気を付けながら、お洒落を楽しむといいでしょう。